目のクマを治すには?どんな化粧品をつかったら良い?

 

目のクマがなかなか消えない…。なんでだろう?ちゃんとお手入れしてるのに。という時は!

 

まず、自分のクマが何クマなのか?を見分けるところから始めましょう。

 
1. その日によってクマがあったりなかったりする?
Yes→青クマ No→2へ

2. 手鏡をもって、顔を見ながら真上を向くとクマが薄くなるor消える
Yes→黒クマ No→茶クマ

 

いかがでしたか?自分のクマが何クマかわかりましたか?クマの種類によって対策は異なるので、自分のクマにあった対策をすることが、解消への第一歩ですよ☆

 
青クマの人が使うべき化粧品

まず、青クマができているあなた!

青クマは目元の血行不良が原因でできるクマなので、化粧品よりもまずは「血行を促すこと」が大事になります。
とくにパソコンやスマホをよく使う人なんかは、目元の血流が悪くなりやすいので要注意!
忙しくても毎日湯船に浸かるようにして体を温めたり、1日の終わりにホットアイマスクで目元をほぐしてから寝るようにしたりして、目元の血流を促すようにしましょう。
まずはそこからです。あとは、スキンケアの基本として保湿は必須ですよね。
青クマの人は、目元の血流を促す&保湿効果のある化粧品でケアするのがベストといえます☆

 

茶クマの人が使うべき化粧品

つぎに茶クマの人が使うべき化粧品についてですが、
茶クマはシミと同じようなものなので、シミをケアするように美白効果のある化粧品でっ目元をケアしてあげましょう。
おすすめは、プラセンタやビタミンC誘導体、アルブチンなどの美白成分が入っている化粧品です。これらは厚生労働省に許可されている美白成分なので安心ですからね。
化粧品の成分にこだわって、目元をクリーンに仕上げましょう☆

 
黒クマの人が使うべき化粧品
黒クマができている人は、たるみに効果のある化粧品でお手入れするとよいでしょう。
たるみに効かせるには、肌の中のコラーゲン生成をアップさせることが大切です。
レチノールやビタミンC誘導体などの成分が配合された化粧品が良いですね。

これらの成分は、肌がコラーゲンを生み出しやすいようにサポートしてくれる成分なので、たるみによる黒クマができている人にはぴったりの成分なんです。

 

まとめ

いかがでしたか?

青クマ→目元の血流アップ&保湿化粧品が◎

茶クマ→美白化粧品が◎

黒クマ→肌のコラーゲン生成をアップさせる化粧品が◎
自分のクマにあった化粧品を使うことで、やみくもにケアするよりクマが解消しやすくなります☆

 

目のクマのタイプ3:「黒クマ」

 

 

目のクマのタイプその3は、黒クマです。

 

黒クマは他のクマとは違って、肌のたるみが原因で目の下に影ができたように見えているのが原因です。

 

黒クマかどうか?を見分けるために、手鏡を片手に持ったまま顔を真上に向けてみてください。顔を真上にしたときにクマが薄くなったり消えるようなら、黒クマの証拠です。

 

顔を上に向けることで目の下のたるみがマシになり、クマがなくなったように見えるんですね。

 

青クマは血流の悪さが原因なのでその日によってあったりなかったりしますが、黒クマと茶クマは常に目の下にあるので、そこも見分けるポイントです。

 

目のクマ(黒クマ)の原因って?

 

黒クマの原因は「目の下のたるみ」で、おもに加齢が原因でできます。

 

若いころはなかったのに、最近やたらクマが気になるようになった…という人は、加齢で肌がたるんで黒クマができてしまっているかもしれません。(手鏡で黒クマチェックをしてみてくださいね☆)

 

人間は誰でも25歳くらいから肌の中のコラーゲンが減ってくるので、それに伴って肌のハリもなくなってきます。

 

目の下なんかはとくにハリが失われやすい部分なので、たるみが起きやすいんです。

 

もちろん加齢以外にも、紫外線や間違ったスキンケア、マッサージなどもたるみの原因にはなりますが、1番の原因はやっぱり「加齢」なのです。悲しい現実ですが…泣

 

黒クマを改善するには?

 

さて、そんな黒クマを改善するにはどうすれば良いか?というと、ズバリ「たるみ対策」をすると効果的です!

 

すでにお伝えした通り、目の下はたるみやすい部分なので早めに対策するに越したことはありません。

 

たるみが進行しないように保湿をしっかりするのはもちろんですが、目の下の皮膚のコラーゲンを活性化するスキンケアもおこないましょう。

 

ピーリングをしたり、「レチノール」などの有効成分が入った化粧品でスキンケアをすると、肌の中のコラーゲンをアップさせられます!肌の中のコラーゲンが増えればたるみが解消しやすくなるので、ぜひ試してみてくださいね☆

 

そしてスキンケアだけでなく目の下の筋肉を鍛えることも大事です!

 

肌だけ弾力があっても、筋肉が弱かったらたるんでしまいますからね(><)

 

まぶしい時の表情をイメージして、目を細めたままでキープします。

 

(きついと感じるまでキープ!)

 

目の下の筋肉がぷるぷるしてるのを感じながら、こまめに筋肉を鍛える習慣をつけるようにしましょう^^

 

目力もついて一石二鳥ですよ☆^^

 

 

 

目のクマのタイプ2:「茶クマ」

 

目のクマにはおもに3タイプありますが、ここでは「茶クマ」と呼ばれるクマについてご紹介していきますね。

その日によってあったりなかったりする青クマとは違って、茶クマは常に目の下にあるクマです。

 

朝も夜も、寝不足の時もそうじゃない時も、常にあるんですね。

 

たるみが原因でできる黒クマと見分ける方法は、手鏡を片手に持ったまま顔を真上に向けて、クマが薄くなるかどうか?で見分けることができます。

 

黒クマは目の下の皮膚がたるんでできるクマなので、上を向いてクマが薄くなるということは、たるみによる黒クマである証拠です。

 

一方、茶クマや青クマの場合はたるみによるものではないので、上を向いてもクマは消えませんし、薄くもなりません。

 

・常に目の下にある

・上を向いてもクマが薄くならない

 

という場合は、茶クマであるという事になります!

 

目のクマ(茶クマ)の原因は?

 

茶クマができる原因は、「目の下の色素沈着」です。

 

シミと同じように、目の下に色素が付いてしまっているんですね。

 

目元はデリケートなパーツなので、間違ったスキンケアやメイク落とし、紫外線によるダメージや乾燥、マッサージなどなど、ちょっとした事でも刺激を受けてしまい、茶クマの原因になってしまうんです。

 

目の下は、顔の中でもダントツに皮膚が薄いので、割れ物を扱うように優しく優しくケアしてあげなくちゃいけないんですね。

 

 

茶クマを改善するには?

 

茶クマを改善するには、しっかりした保湿ケアと美白効果のある化粧品でのケアをおこないましょう。

 

茶クマ改善=保湿+美白

 

保湿はスキンケアの基本ですが、目元は乾燥しやすい部分なので、日中もミストなどでこまめにうるおいをチャージするとよいでしょう。

 

そして、すでにお伝えしたように茶クマの原因はシミと同じ色素沈着なので、美白作用のある化粧品でお手入れするとよいですね。

 

プラセンタやビタミンC誘導体のような、厚生労働省が認めている美白成分でスキンケアをするのがおすすめです。

 

 

【茶クマを解消するには、シミと同じスキンケアをするのがベストです。

 

ビタミンC誘導体などの美白作用のある化粧品で1年中ケアして、目元にメラニンが定着しないようにしましょう。

 

紫外線は年中出ているので、美白化粧品を1年中使うのがポイントです。】

目のクマの原因と治し方より引用

 

 

目の下なので、アイクリームだとなお良いですね、プラセンタやビタミンC誘導体が配合されたアイクリームを探してみましょう!

 

茶クマは青クマとは違って、即解消することは難しいですが・・・根気強くケアすれば、薄くすることも夢ではありません。

 

あきらめてしまったら目元がくすむだけなので、あきらめずにお手入れをがんばりましょう^^

 

 

目のクマのタイプ1:「青クマ」

 

一口に「目のクマ」といっても原因はさまざまで、おもに3タイプのクマに分けられます。

 

今回は「青クマ」と呼ばれるクマについてご紹介していきますね。

 

睡眠不足になると目の下にできてくるクマが「青クマ」と呼ばれるクマでして、青クマは血行の悪さが原因でできます。

 

他の「茶クマ」や「黒クマ」とは違って、その日によってクマがあったりなかったりするのが青クマの特徴です。

 

朝起きて、「あれ?今日はクマがひどいな・・・」というときは青クマの証拠です。

 

目の下はとくに皮膚が薄いので、目元の血流が悪くなるとうっ血が起きて、黒っぽく見えてしまうんですが、これが青くまのおもな原因です。「目元の血流の悪さ」ですね。

 

で、目元の血流が悪くなってしまうのは、

 

・睡眠不足

・ストレス

・眼精疲労(スマホ・パソコン)

・疲労

・冷え

・運動不足

 

などが原因です。

 

とくに現代人はスマホやパソコンが手放せない人が多いので、自分でも気が付かないうちに目を酷使していたりしますよね。

 

忙しくてシャワーだけで済ませる習慣があったりすると、体が冷えやすくなって血流も悪くなりますし。

 

ストレスも血管を収縮させるので、血流を悪くしてしまいます。

 

そう考えると青クマの原因ってたくさんあるんですよね。

 

対策するの大変そう!って思うかもしれませんが、できる範囲で目元の血流を促すようにケアしてあげればそれでOKです。

 

クマができちゃうかも…!ってストレスを感じてしまったらよくないですしね。

 

できるだけ夜はお風呂につかって、目を酷使しすぎないように気を付ける。

 

睡眠はたっぷりとって、目を酷使した日はホットタオルやホットアイマスクなどで目元の血行を促してから寝るようにする。という感じで、

 

毎日できる範囲でケアを続けるだけでも、青クマはできにくくなってきます。

 

あまり神経質になりすぎずに、でも、できる範囲でがんばる!という姿勢でいきましょう^^

 

クマがあると、どんなにメイクが完璧でも老けて見えてしまいますよね(><)

 

できないように予防するか、青クマができてしまったらすぐに解消することが大事ですね!

 

青クマを撃退していつもフレッシュな目元をキープできるように頑張りましょう^^!

 

以上、青クマの原因と解消法についてでした^^

 

 

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !