目のクマのタイプ1:「青クマ」

 

一口に「目のクマ」といっても原因はさまざまで、おもに3タイプのクマに分けられます。

 

今回は「青クマ」と呼ばれるクマについてご紹介していきますね。

 

睡眠不足になると目の下にできてくるクマが「青クマ」と呼ばれるクマでして、青クマは血行の悪さが原因でできます。

 

他の「茶クマ」や「黒クマ」とは違って、その日によってクマがあったりなかったりするのが青クマの特徴です。

 

朝起きて、「あれ?今日はクマがひどいな・・・」というときは青クマの証拠です。

 

目の下はとくに皮膚が薄いので、目元の血流が悪くなるとうっ血が起きて、黒っぽく見えてしまうんですが、これが青くまのおもな原因です。「目元の血流の悪さ」ですね。

 

で、目元の血流が悪くなってしまうのは、

 

・睡眠不足

・ストレス

・眼精疲労(スマホ・パソコン)

・疲労

・冷え

・運動不足

 

などが原因です。

 

とくに現代人はスマホやパソコンが手放せない人が多いので、自分でも気が付かないうちに目を酷使していたりしますよね。

 

忙しくてシャワーだけで済ませる習慣があったりすると、体が冷えやすくなって血流も悪くなりますし。

 

ストレスも血管を収縮させるので、血流を悪くしてしまいます。

 

そう考えると青クマの原因ってたくさんあるんですよね。

 

対策するの大変そう!って思うかもしれませんが、できる範囲で目元の血流を促すようにケアしてあげればそれでOKです。

 

クマができちゃうかも…!ってストレスを感じてしまったらよくないですしね。

 

できるだけ夜はお風呂につかって、目を酷使しすぎないように気を付ける。

 

睡眠はたっぷりとって、目を酷使した日はホットタオルやホットアイマスクなどで目元の血行を促してから寝るようにする。という感じで、

 

毎日できる範囲でケアを続けるだけでも、青クマはできにくくなってきます。

 

あまり神経質になりすぎずに、でも、できる範囲でがんばる!という姿勢でいきましょう^^

 

クマがあると、どんなにメイクが完璧でも老けて見えてしまいますよね(><)

 

できないように予防するか、青クマができてしまったらすぐに解消することが大事ですね!

 

青クマを撃退していつもフレッシュな目元をキープできるように頑張りましょう^^!

 

以上、青クマの原因と解消法についてでした^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です